こんな化粧水が良い!

40代の方へ

こんな化粧水が良い!
私のお母さんはこの間、還暦を迎えました。還暦のお祝いをした時に言われたのですが、若い頃は何をしても肌がきれいで化粧ノリもよかったと言っていました。[br num=”1″]

60歳になっても毎日スキンケアを頑張っているお母さんを見ていると、老化が許せないのかなと思い質問してみたことがあります。[br num=”1″]

老いが嫌なのか聞いたところ、そうではないといわれました。ただ、若い子を見ていると羨ましいと思う、といわれたのです。[br num=”1″]

お母さんの青春時代は今の高校生の子たちとは全く違ったそうです。化粧をする子なんていなかったし、髪の毛を染めたりパーマをあてたり、学校の帰りに遊びに行ったりすることが少なかったようです。[br num=”1″]

今の若い子がうらやましいので少しでも若くいたいといわれました。[br num=”1″]

40代以降の人がお肌に対してすることを変更するとすれば、一番大事なのがビタミンCを摂取することだそうです。[br num=”1″]

これはなぜかというと40代以降になると皮膚のコラーゲンが減少していくといわれています。ビタミンCはコラーゲン生成、シミのケアにとても効果があるものです。体の中にビタミンCを摂取することを心がけましょう。[br num=”1″]

そしてビタミンCは肌に直接塗り込むことでも意味があります。ビタミンCの入った美容液などを使用することがオススメになります。[br num=”1″]

40代をすぎると老化は目に見えてきます。[br num=”1″]

全ての進行を抑えることはできませんが、毎日の努力で抑えることはできます。[br num=”1″]

40代を過ぎても毎日のスキンケアの手を抜かず老化を少しでも防げるようにしましょう。[br num=”5″]

30代のスキンケア

30代の方へ

30代のスキンケア

女性の30代というと、子供を産んだり子育てをしている人が多い年代です。[br num=”1″]

私は23歳の時に一人目の子供を産んで25歳の時に二人目の子供を産みました。それからというもの仕事は行っているのですが化粧をしたりしなかったり、スキンケアもしたりしなかったりということがありました。[br num=”1″]

30代になるともっと忙しい日々を送ることになります。ということはもっと肌について考えることが出来なくなるかもしれません。[br num=”1″]

ですが、30代のころのスキンケアはとっても大事なのです。[br num=”1″]

当たり前ですが、20代の時よりも30代の方が肌は老化しています。[br num=”1″]

少しずつですが老化が始まっているので30代のころに少しでも進行をとめておく必要があります。[br num=”1″]

そのために必要なことは毎日のスキンケアと体に良いことをすることです。スキンケアについては自分の肌に合っているものを使用すること、そして毎日行うことが絶対条件です。[br num=”1″]

そして次に体に良いことというのは、運動や食事についてです。[br num=”1″]

運動を行うことにより汗をかくことができます。汗をかくということは老廃物を体の外に出すことができます。[br num=”1″]

汗を出すことにより新陳代謝がよくなり血流もよくなります。血の巡りがよくなるということは身体の中で栄養分を隅々まで行き渡らせることが出来るのです。[br num=”1″]

老化を止めるためには体の中から改善することも大事です。[br num=”1″]

スキンケアについては高い化粧水を使えばよいというわけではありません。自分のお肌に合っているもの、もしくは低刺激で高保湿が期待できるものを使用することが大事です。
[br num=”1″]
忙しい年代ではありますが毎日のスキンケアを怠らないようにして老化を防ぐようにしましょう。[br num=”4″]

20代のスキンケア

20代の方へ

20代のスキンケア
10代のころを思い出してみてください。20代の人がキラキラしているというイメージはありませんか?[br num=”1″]

私は20代の人はきれいにしている人が多く、仕事をして恋をして楽しそうだと思っているイメージをもっていました。[br num=”1″]

ですが、自分が20代に突入したとき理想だと思っていた20代の人とは全く違いました。きれいでいるための努力はとても大変で、恋をするのにも仕事をするのにも大変なことがたくさんあることをしりました。[br num=”1″]

そして一番大変だと思ったのが化粧についてです。スッピンで仕事にいくということができないと思っていたのでお化粧にはとても時間をかけていました。[br num=”1″]

しかし、化粧をするのに時間をかけてはいたのですがお肌のことは何も考えていませんでした。[br num=”1″]

実は20代のころにしっかりとスキンケアをしておかなければ30代、40代のころに後悔してしまうことがあります。[br num=”1″]

20代だから、若いからといって油断していると後々なくことになってしまいます。[br num=”1″]

お化粧をすることは大事なことです。お化粧をする為にはお肌がきれい方がいいのです。[br num=”1″]

美肌を保つためには努力が必要です。化粧をしたらしっかりと化粧を落とす、そして化粧を落としたらお肌を休ませてあげるということを頭に入れておきましょう。[br num=”1″]

毎日は難しいかもしれませんが休日ぐらいはお肌も一緒に休ませてあげるようにしましょう。[br num=”1″]

そしてお肌に良いこととして野菜や果物もたくさん摂取するようにしましょう。[br num=”4″]

いつまでもキレイでいたい

肌の老化を予防する

いつまでもキレイでいたい

年を重ねるごとにシワが増えてきたりたるみがでてきたりします。これはお肌の老化が起こってきているのです。仕方がないことではあるのですが、お肌の老化を防ぐ方法はあります。お肌の老化を防ぐために大事なことを少しご紹介させていただきます。[br num=”1″]

お肌の老化を防ぐために必要なこと、まずはお肌に悪いことをやめることです。[br num=”1″]

近年ではタバコを吸っている女性の方がたくさんいらっしゃいます。実はタバコとうのは体の中のビタミンCを減らしてしまうのです。せっかくお肌の為にたくさんのビタミンを摂取していてもタバコを1本吸うことにより意味がなくなってしまうのです。[br num=”1″]

タバコを吸っている人は禁煙をすることからお肌の老化を防ぐようにしましょう。[br num=”2″]

そして次にお肌の老化防止に大事なことは保湿です。[br num=”1″]

高保湿を心がけるようにすることによりお肌の老化を防ぐことができます。高保湿でオススメのものは天然のセラミドです。[br num=”1″]

セラミドは肌への刺激が少ないことと保湿の効果の期待大なのです。天然のセラミドは少し高いものではあるのですが、使い続ける価値はあります。[br num=”1″]

お肌の老化を防ぎたい場合はセラミドを使用してみるようにしましょう。[br num=”2″]

肌に悪いことをやめ肌によいことを増やしていく。これがお肌の老化を防ぐスキンケアの方法です。肌に良いことはスキンケアだけではありません。体の中からも肌によいことはできます。肌によい果物や野菜を食べることも大事なスキンケアです。いつまでもきれいな肌でいる為に努力を怠らないようにしましょう。[br num=”4″]

敏感肌のスキンケア

敏感肌を予防するスキンケア

敏感肌のスキンケア
少し髪の毛があたっただけでも肌にかゆみがでてきて我慢ができないといような肌のことを敏感肌といいます。[br num=”1″]

この敏感肌を治すためにはいろいろと注意しなければならないことがあります。では少しになりますがご紹介させていただきます。[br num=”2″]

敏感肌のスキンケアを行う時の注意点についてなのですが、コットンを使うことが良いと思っている人がいらっしゃると思うのですが、実はコットンでスキンケアをすることにより肌にダメージを与えてしまうことがあります。[br num=”1″]

敏感肌の場合は出来るだけ、コットンを使用してスキンケアをするのはやめましょう。[br num=”2″]

そして次に敏感肌には何といっても高保湿が大事です。高保湿によいといわれているのはセラミドです。天然のセラミドは少し高いのですが低刺激ですのでオススメになります。[br num=”2″]

敏感肌のスキンケア方法として他にも洗顔のし過ぎには注意が必要です。洗顔をしすぎてしまうと皮脂を落として過ぎてしまうことになります。皮脂は肌に少しは残しておかなければなりません。洗顔をして皮脂を落とし過ぎないようにしましょう。[br num=”1″]

そしてもう一つ敏感肌の方の美顔器の使用についてですが、こちらもたくさん使えばよいというわけではありませんので使用のし過ぎには注意をしましょう。[br num=”1″]

スキンケア方法以外にも食生活で敏感肌の予防や対策をすることができます。例えば辛いものを食べて汗を出す。これも一つの方法です。他にもタンパク質をたくさん摂取する。タンパク質は新しい皮膚を作るために必要な成分です。肉・魚・乳製品をたくさん摂取するようにしましょう。体の内側からも敏感肌を予防できるようにしましょう。[br num=”4″]

いろいろやってみて!

正しいスキンケアで乾燥を防ぐ

いろいろやってみて!
敏感肌や乾燥肌の人はスキンケアをしっかりと行わなければなりません。なぜかというと保湿を行わないでいると敏感肌も乾燥肌も悪化していく可能性があるからなのです。ではどのような方法でスキンケアを行えば乾燥しにくいようになるのでしょうか?[br num=”1″]

まず一番大事なことなのですが、熱いお湯についてです。[br num=”1″]

洗顔を行う際のお湯の温度は熱いお湯ではいけません。ぬるめのお湯を使うようにしましょう。熱いお湯は乾燥を早めてしまいますので洗う時も注意をしましょう。[br num=”1″]

次に乾燥をしにくくするために必要なことは、乳液です。[br num=”1″]

化粧水だけ使っていたら保湿ができていると思っている人は多いと思うのですが、実はこれは間違いなのです。化粧水だけを使っていると保湿はできていないのです。化粧水をつかったらそのあとに乳液を使い保湿を行うようにしましょう。[br num=”1″]

そこでオススメなのですが、化粧水と乳液などが一緒になっているものがあります。1本だけのものを使うことにより時間短縮にもなります。スキンケアを短縮させたい場合は1本にまとめてみるのもいいですね。[br num=”1″]

[br num=”2″]

他にももっと保湿をしっかりとしたい場合はパックをすることがオススメになります。パックを行うことにより肌によい成分をぎゅっと押し込んであげることができます。毎日するのが難しいという場合はできる日にちを決めておくようにしましょう。[br num=”1″]

[br num=”2″]

スキンケアの方法は個人により仕方があると思います。継続して行うことにより保湿効果が期待できます。毎日忘れずに行い敏感肌や乾燥肌にならないようにしましょう。[br num=”4″]

良くチェックして!

化粧品に含まれている成分

良くチェックして!

化粧品にはたくさんの成分が含まれています。その成分の中には肌に合わないものや敏感肌の人が気を付けたほうが良い成分もあります。[br num=”1″]

では化粧品の中にはどのような成分が入っていて、敏感肌の人はどのような成分に気を付ければよいのでしょうか?[br num=”2″]

化粧品の中には合成着色料が含まれているものや香料が含まれているものがあります。[br num=”1″]

匂いがよいものや色味がよいものは人気がでるものなのですが、敏感肌の人にはこの着色料や香料は少し木を付けたほうがよいものになります。[br num=”1″]

実は両方とも肌への刺激が強いものになります。香料の場合は香料と記載されているものが多いため実際はどのようなものが入っているのかわからないことがあります。[br num=”1″]

特に注意が必要ですね。[br num=”1″]

そして合成着色料も肌への刺激が強いものです。発がん性をもっているともいわれているようですので敏感肌の人は成分を確認するようにしましょう。[br num=”1″]

他にも腐りにくくする防腐剤殺菌剤なども肌に合わない場合が有ります。[br num=”1″]

防腐剤がたくさん入っているのかを確認したい場合は何日分のものかを確認してみるとよいといわれています。[br num=”1″]

例えば1か月分のものを購入するのと3か月分のものを購入するのでは3か月分の方が防腐剤がたくさん含まれているといわれています。[br num=”1″]

このように見極めるようにしましょう。[br num=”1″]

敏感肌の人の場合は成分をよく見て購入する必要があります。[br num=”1″]

購入して失敗したと思わない為にも成分表を見て自分の肌に合わなさそうだと思ったら違うものを購入するようにしましょう。[br num=”4″]

化粧品選びは慎重に

使ったことのない化粧品に注意

新商品や新発売という文字に弱いという人がいらっしゃると思います。

私も新商品や新発売という文字に弱い人の一人です。コンビニで新しい商品がでていると購入して会社の人と食べてみようかなと思ったり、家族で試しに食べてみようかなと思ったりします。
そんな新商品や新発売についてなので食べ物だけではありません。

お化粧品にも新発売のものもあれば新商品もでてきます。

例えばグロスなどですと新しい色がでてくることもあります。新しいリキッドのファンデーションやパウダーのファンデーションなど新商品がでてくるとついついほしくなってしまうと思います。

ですが、ここで一つ注意しなければならないことがあります。

それはお肌が敏感肌の人に言えることなのですが、敏感肌の人は新しい化粧品には注意が必要です。

なぜかと言うと、新しい化粧品ということは今まで使ったことがないということになります。ということは、お肌に合っているかどうかというのがわからないということになります。

大丈夫と思っていても使い始めてみると肌に合わないなんてこともあるのです。高い化粧品の場合はもったいないですよね?そうならないためにも高い化粧品を購入する前に試供品を試すようにしましょう。

試供品は少ししかありませんが肌に合うか合わないかというのはわかります。合わない場合はヒリヒリしたりかゆみがでてくることがあります。

たくさん入っているものをすぐに購入するのではなく試供品などを試してから購入するようにしましょう。

キレイなお肌になる!

化粧水が合わない場合

スキンケアを行う時に一番大事になる化粧水について。

本来は化粧水には保湿効果があまりないといわれています。化粧水を使ってから保湿効果のある乳液を使うことがよいといわれています。

この化粧水と乳液についてなのですが、たくさんの種類が販売されています。中には肌に合うものもありますし、肌にあわないものもあると思います。

肌に合わないものを使用し続けていると肌にトラブルガおきてしまうことがあります。肌トラブルはひどくなると外に出たくない程、荒れてしまうことがあります。

化粧水や化粧品での肌トラブルは多く出ているといわれていますので自分で気を付けなければなりません。特に毎日使っている化粧水にはお肌に合っているものを使うことがよいのです。

肌に合わないと感じたときはすぐに使用を中止しましょう。化粧水を塗った直後に異変を感じた場合は水またはぬるま湯できれいに洗い流すようにしましょう。

肌に合わないと分かっていて使い続けてしまうと、ニキビができる原因になってしまったり、乾燥肌になる原因や敏感肌になる原因、そして炎症を起こしてしまう原因になるのです。

第一印象を決める大事な顔が炎症を起こしていると嫌ですよね?そうならないためにも合わないと思ったものは使用しないようにしましょう。

スキンケアは美肌の為にとてもよい行動です。しかし使用するものが肌に合わないと意味がありません。

お肌に合うものを使用してきれいな肌を目指すようにしましょう。

いつでもキレイでいたい

化粧品が合わない場合

お化粧をする時、自分の肌に合うものを使用しなければなりません。

特にファンデーションは顔全体に塗るものになりますのでお肌に刺激が少なく自分のお肌に合うものを使用しなければなりません。

100円均一でもファンデーションが販売されているのですが、敏感肌の場合は肌荒れが起きてしまうことがあります。値段が高ければよいというわけではありませんが、安いものは安いもので気にするようにしましょう。

化粧品が合わない場合は、すぐに使用を中止することが大事です。

化粧品にも低刺激のものがあるようです。

自分が敏感肌だと思っている人は低刺激の化粧品を購入するようにしましょう。

新しい化粧品を使い始めるタイミングについても注意点があります。女性の人は、決まった周期で月経というものがあります。

この月経は女性ホルモンのバランスが整っていると周期も整うといわれているのですが、女性ホルモンのバランスがもし崩れてしまうと月経の周期だけではなく肌トラブルも起きやすくなってしまいます。

女性ホルモンが整っていないと感じた場合は新しい化粧品を使うのはさけましょう。その時期だけ敏感肌になってしまうことがありますので注意が必要です。

化粧品はいろいろな成分が含まれているものです。何か合わない原因があるかもしれませんが特定することは難しいのです。

何か合わない原因があると思ったものは使うのを中止してお肌に合うものを使用するようにしましょう。[br num=”2″]

[br num=”4″]