敏感肌はお肌を優しく

直接刺激をなるべく避ける

敏感肌はお肌を優しく
敏感肌の人はお肌に直接ダメージを与えないようにしてあげるようにしましょう。

例えば、ウールなどの肌に刺激を与えてしまうような洋服を着る場合は、その洋服の下に肌に刺激を与えないような洋服を着てから着ることがオススメです。

美肌を目指すために使っている化粧水ですが、肌に合わない場合もあります。
敏感肌の人の場合は特に合わない場合はすぐに赤みがでてきたりかゆみがでてきたりします。

化粧水はたくさんの成分が入っていますので何が原因か特定することは難しいです。

とにかくまずはその化粧水を使わないようにしましょう。[br num=”2″]

次に化粧品です。化粧品の場合は使っていくうちに合わないと実感していく場合があります。

肌に合わないと実感したらすぐに使用をやめて自分の肌に合う化粧品を使うようにしましょう。

化粧をするということは化粧を落とすことも必要になります。

クレンジングも肌に合う合わないがあります。肌に合わないものは使わないようにしましょう。

肌に合わないものを使い続けていると炎症をおこしてしまうことがあります。
私も顔が敏感肌で化粧品や化粧水があわないことがあります。

特に洗顔が合わないものが多く、自分の肌に合うもの以外の新しいものは使用しないようにしています。新しいものを使う時は特に注意をしなければなりません。

気を付けなければならないことはたくさんありますが、自分があっているものをずっと使い続けていくということはよいことです。

途中で肌質が変わることもありますので合わなくなってきたら肌に合うものを探すようにしましょう。

お肌に良いケアを!

肌を乾燥させないために・・・

敏感肌の人は乾燥肌になりやすいといわれています。そして反対に先に乾燥肌になってしまうと敏感肌になる可能性があるといわれているのです。

ということは、乾燥肌も敏感肌もなりたくないですよね?どうしたら乾燥肌にも敏感肌にもならないのでしょうか?

敏感肌というのは生まれつきの方が多いようです。私も生まれたときから敏感肌だったようで小学生の頃は着る服に困りました。

今は少しだけおさまっているのですが昔はとてもひどくお母さんが困っていたといっていました。

敏感肌は生まれつきの可能性がありますが、乾燥肌はスキンケアを怠っているとなる可能性があるのです。では、乾燥肌にならない為にはどのような努力をすればよいのでしょうか?

乾燥肌にならない為に必要なこと、それは潤いです。私たちの体は水分が半分以上をしめています。

小さな子供の場合はもっとおおくの割合をしめています。この水分についてなのですが、年齢を重ねるごとに水分は減っていくのです。

子供のころが75%ほどなのですが成人することには60%まで下がり高齢になると50%まで下がってきます。水分を体の中に摂取するためには水を飲むしかありません。

体の中から潤いを与えてあげるためにも水分はたくさん摂取しましょう。

そして体の外からの保湿も大切です。乾燥しやすい部分には保湿クリームを塗布しましょう。

顔の場合はパックをするのもいいですね。体の中に水分を与えてあげて、体の外からも保湿をすることで乾燥させないようにしましょう。

乾燥肌のこまること

乾燥肌の困ること

敏感肌の人は乾燥肌になりやすいといわれています。この乾燥肌というのは敏感肌の症状と似ているのです。

乾燥肌の特徴としては肌が乾燥している状態ということになります。イコール肌に水分が足りていないということになります。

その場合、体の内側から水分を補給することも大事なのですが、化粧水と乳液を使って保湿することが大事です。

体の全てを保湿したい場合はお風呂で使える保湿入浴剤を使うとよいですね。乾燥肌になってしまうと困ることがたくさんあるのです。

まず一つ目はかゆみです。乾燥することによりかゆみを伴ってしまうことがあります。乾燥している部分をかきすぎてしまうと、水分がないため傷ついてしまうことがあります。

かゆみがでてもかきむしるのはことはせず、かゆみを抑える方法を試しましょう。他にも、肌が乾燥してカサカサになってしまうということです。

カサカサになっている部分は水分がなく乾燥しているため、紙で切ってしまったりパックリわれてしまったりすることがあります。

保湿クリームを塗ってカサカサを治すようにしましょう。

そして最後に顔が乾燥肌になってしまった場合です。

乾燥することによりニキビができるというのは知っていますか?乾燥ニキビは保湿をしっかりと行うことで治すことはできますが、繰り返しできてしまうこともあります。

毎日のスキンケアを行うようにしましょう。

乾燥肌も嫌な症状がたくさんありますね。保湿をしっかりと行い乾燥しないようにしましょう。

かゆみの出る素材

かゆみの出る素材

洋服によってはかゆみを感じてしまうことがあります。
洋服はいろいろな素材を使ってできているものになります。洋服の種類によってはかゆみが出てしまう素材もあります。特にアトピーの方や敏感肌の方はこの素材をしっかりとみておかなければなりません。
これはなぜかというと、アトピーの方も敏感肌の方も素材によってかゆみがでると悪化してしまうからなのです。洋服を購入する時は素材を見て購入するようにしなければなりません。どの素材がかゆみがでにくくて体によいのか、どの素材がかゆみが出るのかご紹介させていただきます。

まず洋服の素材は植物繊維と化学繊維にわかれています。
どちらかというと化学繊維がかゆみがでやすいものになっています。植物繊維の中のウールはかゆみがでやすいといわれていますが、木綿や絹は身体に優しいといわれています。ですので、かゆみがでにくい洋服を購入するのであれば木綿や絹が好ましいようです。

そしてさけたほうがよいといわれている化学繊維はほとんどがアトピーの方や敏感肌の方に良くないといわれています。で種類としては、レーヨン・アセテリート・ナイロン・ポリエステル・ポリウレタンがあります。洋服を購入する際、あまり素材まで気にしていないかもしれませんがせっかく購入したのにかゆみが気になって着られないとなると残念ですよね?アトピーの方や敏感肌の方は素材も気にするようにしましょう。

敏感肌の人の髪型

敏感肌の人の髪型

敏感肌の人は服装に気を付けたほうが良いといわれていますが、実は自分の髪型についても少し木を付けたほうが良いといわれています。それはなぜかというと、髪の毛が肌に当たりチクチクしてかゆみがでたりするからなのです。

かゆみがでてしまうとかきむしってしまうこともあります。かきむしってしまうとかき傷ができてしまうこともありますし、かさぶたになってしまうと見栄えも悪くなってしまいます。かきむしらない為に髪型も気にするようにしなければなりません。髪型に気を付けるということなのですが常にショートカットでいればよいというわけではありません。ロングヘアーでも髪の毛をまとめておくことにより肌にあたらないようにできますので敏感肌の方にも大丈夫です。

一番かゆみがでやすい髪型は長さが中途半端な時です。肩にかかるぐらいまで伸びたとき実は一番肌にあたることが多いのです。かゆみが原因で髪型をかえなければならないのはとても残念なことだと思いますので少しでもかゆみを抑えるために首元も保湿をしてあげるようにしましょう。もしくはタートルネックのお洋服を着てお肌を刺激から守ってあげるようにしましょう。髪の毛ぐらいでかゆみがでるなんてと思う人もいらっしゃると思うのですが、髪の毛がついているだけでずっとかゆみがとまらないなんてこともあるのです。

敏感肌になったら髪の毛1本1本にも注意するようにしましょう。

敏感肌の人の服装

敏感肌の人の服装

夏は暑いので薄着になることが多いと思います。そして寒い冬になると肌を出さないように厚着になります。冬はニットのセーターを着ることもあると思うのですが、実はこのニットのセーターなどに注意をしなければならないことがあります。

洋服にはたくさんの種類があります。綿・麻・絹・レーヨン・カシミヤなどたくさんの種類があります。冬によく来ている人を見ると思うのですが、セーターやマフラーなどにはウールという素材が使われています。このウールはかゆみが出る人が多いようです。敏感肌の人はウール素材の服を着るとかゆみが強くでるようですので気を付けなければなりません。

高校生の頃にマフラーを編みたいと思い特に何も考えずに毛糸を購入したのですが出来上がったマフラーはかゆみがでるウール素材のものだったので結局つけずじまいになってしまいました。確認は大事ですね。

敏感肌の人は切る服の素材にも気を付けなければなりません。そして他にも気を付けなければならないことがあります。
それは皮膚と洋服の間で起こる摩擦についてです。服装に気を付けることも大事ですし、摩擦を起こさないようにすることも大事です。ニットのものを着る前に少し薄い長袖などを着るようにして摩擦が起きないように気を付けましょう。

敏感肌の人はタグでもかゆみがでてしまうことがあります。サイズなどが書いてあるので必要な場合は保管しておくようにしてタグは取るようにしましょう。