合ったスキンケアを
お肌が弱くかゆみがでやすかったり、乾燥しやすかったり、何かの刺激ですぐにかゆみがでてしまうような肌のことを敏感肌といいます。

私は小学生の頃にお母さんに買ってもらったニットのお洋服が大好きでした。

旅行に行くときにその服を着ていきたかったのですが、前日に着てみたところ首元がかゆくてかゆくてものの2分もしないうちに脱いでしまいました。

購入したときは気にしていなかったのですが、そのニットはウール素材でできていたのです。

それからニットのお洋服を購入する時は少し首元に充ててから決めるようにしました。

親から敏感肌だから仕方がないとその服を取り上げられてしまったのはとてもショックでした。こんな経験をしたことがある人もいらっしゃると思います。

洋服だけにかかわらず、自分の髪の毛や普通の服でもかゆみがでてしまうことがある人もいらっしゃると思います。

実は敏感肌にはたくさんの敵がいるのです。ウール素材のものがかゆみがでていると前述にもありますが、ウール素材以外のものでもかゆみが出る場合が有るのです。

それは使っている洗剤によって変わります。洗剤が肌に合わない場合はどのお洋服を着てもかゆみがでます。

敏感肌は生まれつきの人もいますし、ストレスや体調の変化により敏感肌になることもあるようです。

症状はかゆみや乾燥が出ることが多いようなので保湿をしっかりとすることが大事といわれています。

敏感肌かもしれないと思った場合は、選択洗剤やお洋服の素材などを確認するようにしましょう。