敏感肌という言葉を聞くとどのようなお肌を想像しますか?私は敏感肌だったのですが、自分の症状がニットのお洋服を着たときと、ウール素材の毛糸で作ったマフラーを作った時にかゆみが出るということだけだったので自分に合わない素材の服を着たときだけかゆみがでるというのが敏感肌だと思っていました。しかし、敏感肌の意味として調べてみると敏感肌はストレスなどでもなることがあるようです。ストレスがたまっている時や体調が変化してしまったときに敏感肌になることがあるようです。そして自分に合わない服を着たときにかゆみがでるのは肌が体調不良やストレスによりバリア機能が低下しているからだそうです。敏感肌は誰でもなるかもしれないということと、肌のバリア機能が低下しているとのことなので、バリア機能をしっかりと働かせてあげるようにしなければなりませんよね。敏感肌にならない為にはストレスをため込んではいけないということです。体調不良については人間だれしもが風邪をひくときはひきますし、体調を崩す時は崩しますので体調不良が繰り返さないようになるべく健康でいるようにすればいいですね。ストレスがたまりすぎていると敏感肌になるだけではなくニキビがたくさんできてしまったり、乾燥肌になってしまうこともあるようです。敏感肌にならないためにストレス発散はしっかりと行っておきましょう。そして敏感肌になってしまったらバリア機能を回復させる為にお肌にとっていいことをたくさんしてあげるようにしましょう。