お化粧をする時、自分の肌に合うものを使用しなければなりません。

特にファンデーションは顔全体に塗るものになりますのでお肌に刺激が少なく自分のお肌に合うものを使用しなければなりません。

100円均一でもファンデーションが販売されているのですが、敏感肌の場合は肌荒れが起きてしまうことがあります。値段が高ければよいというわけではありませんが、安いものは安いもので気にするようにしましょう。

化粧品が合わない場合は、すぐに使用を中止することが大事です。

化粧品にも低刺激のものがあるようです。

自分が敏感肌だと思っている人は低刺激の化粧品を購入するようにしましょう。

新しい化粧品を使い始めるタイミングについても注意点があります。女性の人は、決まった周期で月経というものがあります。

この月経は女性ホルモンのバランスが整っていると周期も整うといわれているのですが、女性ホルモンのバランスがもし崩れてしまうと月経の周期だけではなく肌トラブルも起きやすくなってしまいます。

女性ホルモンが整っていないと感じた場合は新しい化粧品を使うのはさけましょう。その時期だけ敏感肌になってしまうことがありますので注意が必要です。

化粧品はいろいろな成分が含まれているものです。何か合わない原因があるかもしれませんが特定することは難しいのです。

何か合わない原因があると思ったものは使うのを中止してお肌に合うものを使用するようにしましょう。